けろけろの想う日々

けろけろの気になること、知りたいことを調べたり、行ったりしてみんなと共有します!

通話のみのガラケー最安プランをキャリア全6社で比較!

f:id:kerokeroms:20180427162827j:plain

はじめに

 

こんにちは。

 

今回はガラケーで通話をたくさんする方向けにau、ドコモ、ソフトバンクの大手キャリア3社と格安SIM3社の計6社の最安プランを比較しました。

みなさんがお使いの携帯はスマホですか?

それともまだ世の中の流れに逆らってガラケーをお使いですか?

といっても最近はガラケーに復帰している人も多いと聞きます。

特に主に通話しか使わないという人はわざわざスマホを使う必要は無いですし、ガラケーって通話に特化したデザインだと思うんですよね。

 

そこで今回は、新しくガラケーを買い替える、もしくは今のガラケーで最安プランに変更したい!って方に、契約会社もすべて一から検討しようと思い、主に通話のみの最安プランを比較してみました。

通話のみ最安プランを比較するキャリアは、au、ドコモ、ソフトバンクの大手キャリア3社と、格安SIMの3社、計6社です。

 

今回はガラケーを使用することを前提としているので、スマホユーザーのためのプランはまた今度記事にしたいと思います。

スマホユーザー向けの通話をたくさんおすすめプランを作りました。こちらは格安SIMで8社を比較しているので是非ご覧になってみてください!

www.kerokero-labo.com

また、その他の前提として、全て税抜価格、新規契約、機種は既に用意しているという設定で書いていきます。

あと別途でユニバーサルサービス料が2円~3円掛かります。

 

 

 

 

大手キャリア3社プラン

 

au

プラン1 短い通話をよくする人
プラン名 料金
スーパーカケホ 1200円
ダブル定額Z 0~4200円
LTE NET 300円
合計 1500~5700円
  • スーパーカケホ…1回5分以内の通話無料 5分以上超過分 30秒20円
  • LTE NET…インターネット接続サービス料

計1500円~5700円

 

ネットは使わない、メールもしない人なら最安の1500円で収めることができます。

しかし、ネットをたくさんしてしまうと最大5700円になってしまうのでご注意ください。

 

もし、パケット通信料が不安ならば、一ヶ月だけダブル定額Zで様子をみて、その月の通信料をみて二ヵ月目から別のデータ定額に変更するのもアリです。

データ定額の変更なら手数料はかかりません。

 

プラン2 長い通話をよくする人
プラン名 料金
カケホ 2200円
ダブル定額Z 0~4200円
LTE NET 300円
合計 2500~6700円
  • カケホ…24時間通話無料
  • LTE NET…上記プランと同じ

計2500円~6700円

 

プラン1では5分だけしか通話無料になりませんが、こちらのプランだと時間を気にせずいくらでも通話できます。

 

プランを詳しくみたい方はこちら↓のauプランの記事をご覧ください。

www.kerokero-labo.com

 

 

 docomo

プラン1 短い通話をよくする人
プラン名 料金
ケータイプラン 1200円
5分通話無料オプション 700円
合計 1900円
  • ケータイプラン…通話料30秒20円 家族間通話無料 利用可能データ量500MB
  • 5分通話可能オプション…5分以内の国内通話無料 5分超過分30秒20円

計1900円

 

2019年6月1日から新しい料金プランに変わりました。

最安で月1900円でauと比べると少し高くなりますが、以前の料金プランよりは安くなりました。 

 

プラン2 長い通話をよくする人
プラン名 料金
ケータイプラン 1200円
かけ放題プラン 1700円
合計 2900円
  • ケータイプラン...上記プランと同じ
  • かけ放題プラン...24時間国内通話無料 

計2900円

 

こちらは24時間かけ放題のプランで、5分通話無料オプションよりも1000円高くなりますが、いっぱい通話する人なら断然こちらがおすすめです。

ドコモの詳しいプランをご覧になりたい方はこちら↓の記事をご覧ください。

 

www.kerokero-labo.com

 

SoftBank

プラン1 短い通話をよくする人
プラン名 料金
スマ放題ライト 1200円
データ定額S 0~4200円
ウェブ使用料 300円
合計 1500~5700円
  • スマ放題ライト…1回5分以内の通話無料 5分以上超過分 30秒20円
  • データ定額S…500KBまでパケット通信料無料 500KB以上で4200円まで加算 当月2.5GB以上利用で128kbpsの通信制
  • ウェブ使用料 

計1500円~5700円

 

auのプラン1と内容、料金共に全く同じで最安は1500円となっています。

 

プラン2 長い通話をよくする人
プラン名 料金
スマ放題 2200円
データ定額S 0^4200円
ウェブ使用料 300円
合計 2500円^6700円
  • スマ放題…24時間無料
  • データ定額S…上記プランと同じ
  • ウェブ使用料 

計2500円~6700円

 

こちらのプランもauと同じ料金です。

 

ソフトバンクの詳しいプランをご覧になりたい方はこちら↓の記事をご覧ください。www.kerokero-labo.com

 

大手キャリア3社の比較表

 まずは短い通話をする人を対象としたプラン1の比較表です。

 

契約会社 au docomo SoftBank
基本プラン 1200円 1200円 1200円
データ定額 0円~4200円 0円~4200円
サービス料 300円 700円(オプション) 300円
合計 1500円~5700円円 1900円 1500円~5700円

 

大手キャリア3社の中で最安なのは同額の1500円でauSoftbankですね。

 

ただ、家族で同じキャリア会社を契約すれば安くなったりと値段が変わることがあるので、人によってはもっと安くなることも可能です。

 

こちらは、長時間の電話をする人を対象としたプラン2の比較表です。

 

契約会社 au docomo Softbank
基本プラン 2200円 1200円 2200円
データ定額 0円~4200円 - 0円~4200円
サービス料 300円 1700円(オプション) 300円
合計 2500円~6700円円 2900円 2500円~6700円

 

最安の会社は同額の2500円でauSoftbankです。

 

auのプラン1のとこでも触れましたが、合計金額の振れ幅が不安ならば、一度このデータ定額のプランで契約したあと、一ヶ月経ったあとにパケット通信料を確認して、思ったよりも通信してるなと感じたならば、2ヵ月目から別のデータ定額プランに変更するのも良いと思います。

データ定額のプランの変更ならば、手数料はかかりませんので安心です。

ドコモは新しい料金プランによりデータ通信によって合計金額が変わる心配は無くなりました。つまりとてもシンプルなプランになったわけですね。

 

通話のみをいっぱいする人なら、個人的にauをお勧めしますね。

 

格安SIMプラン

 

続いて格安SIMの通話のみ最安プランを紹介しようと思います。

 

1つだけ、格安SIMガラケーを使いたい方に注意点を説明しますと、格安SIMは基本的にスマホを使用する前提のものがほとんどで、一部を除きガラケーは動作保証はされていません。

ガラケーの動作保証がされていない格安SIMガラケーで使用する際は、あくまでも自己責任となりますのでご注意ください。

 ですが、ワイモバイルだけはガラケープランを用意しています。詳しいプラン内容については下のほうをご覧ください。

 

また、SIMには大きさが違うものが複数あります。なのでSIMのみを購入される場合は、お手持ちの端末がどの大きさのSIMに対応しているのか確認する必要があります。

 

いまや格安SIMを販売する会社がいっぱいありますが、そのなかでも、ガラケー向きなプランのある会社を選びました。

 

スマホユーザー向けの通話プランも作りましたので是非ご覧ください。

www.kerokero-labo.com

 

 

mineo

mineoはガラケーを使用する場合の注意点として、ガラケーgoogle playが使えないため、mineoメールアドレスが使えません。通話はちゃんとできるらしいのでそこは安心してくさい。

 

mineoではauプラン、docomoプラン、Softbankプランと大手キャリア3社全ての端末に対応しています。

またお手持ちの端末がどのSIMに対応しているか確認できるページを記載しておきます。

対応しているSIMを間違えると通話もなにも出来ないので注意してください!!

動作不可端末一覧 | mineo(マイネオ)

 

「動作不可端末一覧」となっておりますが、ガラケーはほとんど「条件付きでのご利用」となっていますので安心してください!

 

auプラン

プラン名 料金
デュアルタイプ(500MB) 1310円
通話定額30 840円
合計 2150円
  • デュアルタイプ…データ通信500MB付き音声通話プラン
  • 通話定額30…月30分通話し放題 超過分30秒20円

計2150円

 

もしくは、

プラン名 料金
デュアルタイプ(500MB) 1310円
通話定額60 1680円
合計 2990円
  • 通話定額60…月60分通話し放題 超過分30秒20円

計2990円

 

docmoプランだと、デュアルタイプが90円増しです。

Softbankプランだと、デュアルタイプが410円増しです。

 

maineoは通信速度測定アプリ「RBB SPEED TEST」のユーザー投票「格安SIMアワード2018下半期」において総合満足度最優秀賞を受賞しました。maineoを選んで間違いなしですね。

 

 

mineo公式サイトへ

mineo(マイネオ)

 

 

UQ mobile

UQ mobileは一部のガラケー端末のみ動作確認済みだそうです。

動作確認端末一覧|UQmobile|格安スマホ・格安SIMのUQmobile

 

上のURLに飛んで、端末種別をケータイにすると対応しているガラケー一覧が確認できます。

 

プラン名 料金
おしゃべりプランS 1980円
  • 5分以内の通話し放題 超過分30秒20円
  • データ容量 2GB 

計1980円

 

プラン名 料金
ぴったりプランS 1980円
  • 月60分の通話し放題 超過分30秒20円
  • データ容量 2GB 

計1980円

 

どちらも1980円とてもお手頃価格となっています。

データ容量も2GBがついてくるので、あまりケータイをいじらない人にはとてもおすすめできるプランになります。

 

このUQモバイルですが、通常は新規申し込みをすると初期費用として3000円のSIMパッケージ料が掛かります。またオンラインショップで購入すると送料も請求されますが、こちらの記事にあるUQモバイルのバナーから飛んで契約をお申込みになると初期費用と送料が全て無料になります!

さらにキャッシュバックキャンペーンも行っており、おすすめプランであるプランSで契約すると、SIMのみの契約で10000円のキャッシュバック端末セットで契約すると11000円のキャッシュバッが受け取れます!

是非UQモバイルでの契約も検討してみてください!

 

UQモバイル

UQ mobile 【ALL CONNECT】

 

 

Y! mobile

格安SIMのなかで、ガラケーユーザーに一番おすすめなのがワイモバイルです。

 

ただし、ワイモバイでガラケーのプランを契約する場合、お手元の機種では契約できません。 

つまりSIMのみで契約することが不可能で、ワイモバイルが販売する4種類あるガラケーも購入しないと契約できません

 

プラン名 料金
ケータイプランSS 934円
スーパーだれとでも定額 1000円
合計 1934円
  • ケータイプランSS…通話のみ Y! mobile、Softbankユーザーへの通話は1時~21時は無料 その他30秒20円

計1934円

 

このスーパーだれとでも定額がとても凄いんです。

このオプションを追加すればいつ、誰に、どれほど電話をしても月々たったの1000円です!

 

ただし、このプランだけではネット、メールを使うことができません。

ネット、メールがしたい場合、ベーシックパック(月300円)と、パケット定額サービス(月0円~4200円)を契約をしなければなりません。。

ネットもメールも使わない、通話だけできればよいとい方なら上のプラン内容だけで十分ですね。

 

ワイモバイル公式公式サイトはこちらをクリック!

 

最後に 

 

以上が私が調べた、ガラケー通話のみ最安プラン比較でした。

通話のみだけでガラケーを契約するならば格安SIMよりも大手キャリアのほうが安い可能線もあります。なぜなら家族で同じキャリアを使うことで上記のプラン料金よりも安くなる可能性があるからです。

ですが、そのような割引が無いならば、格安SIMのワイモバイル一択ですね。

 

 

SNSをたくさんする方向けのプランも用意しましたので是非ご覧ください。

www.kerokero-labo.com