けろけろの想う日々

けろけろの気になること、知りたいことを調べたり、行ったりしてみんなと共有します!

ずぼらな人向けおすすめエコバッグの紹介

はじめに

 

こんにちは。

とうとうコンビニでもビニール袋の有料化実験が始まりました。

www.fnn.jp

まあミニストップなんてそうそうお店ないからいいんだけどね。

 

ですが、このビニール袋の有料化は法案によって来年にはほとんどの小売店で実施されることになるでしょう。

そうなるとおのずと必要になってくるのがエコバッグ。

エコバッグはいまや主婦層には馴染み深いものですが、来年以降には昼間からワンカップを片手に街中をさまようおじいちゃんや、ダボダボのニッカポッカを履いた土木業のお兄ちゃんたちもカラフルで花柄エコバッグを持ち歩く世の中になってくるかもしれません。

そんな浄化された日本は見たくない!と嘆く声が今にも私の耳に入ってきそうなので、今回はそんなにオシャレとか気にしないずぼらな人向けのおすすめエコバッグを紹介していこうと思います。

 

1.コンビニ袋(レジ袋)

f:id:kerokeroms:20190624132057j:plain

こんな自分がエコバッグを持つなんて恥ずかしい!

そう思っているあなたにはコンビニ袋を活用することをおすすめします。

マイコンビニ袋をエコバッグとして活用することで来年以降周りの人々からは、「毎回お金払ってコンビニ袋もらっているんだ...」と冷めた目で見られることが起こるかもしれません。

が、実はマイコンビニ袋であるということを自分は知っている、というか自分しかその事実を知らないんだと周りに対してマウントを取ることができるのです。優越感に浸れます。

なにも恥ずかしがる必要もなく、かつ周りは誤解しているというギャップを生み出すことができるのエコバッグはマイコンビニ袋だけです。

しかも使わないときはくしゃくしゃにすればポッケに収納できる優れもの。

ただ1つ、デメリットとしては耐久性が少し不安要素であること。

使うにつれて手さげ部分がどんどん伸び細んできて千切れるかもしれません。

なので来年のプラスチック製の袋有料化に備えて今からコンビニ袋を貯めておくのが良いかもしれません。

 

2.ゴミ出し袋

f:id:kerokeroms:20190624141327j:plain

 

コンビニ袋じゃ小さいからな...という方には45Lくらい入るゴミ袋はいかがでしょうか。

てか上の画像めっちゃ怖ない?なんでゴミ出しするだけであんな笑顔なの?絶対ヤバいもん入っているってあれ。

 

さて、ゴミ袋ならコンビニ袋よりもたくさんモノが入りますし、口を結べば雨水などの侵入を防ぐことができます。

それに一見周りからはいまからゴミ出しかな...?とそんなに不思議な様子も見えないので安心です。

色が付いてる袋なら外から中身が見えませんが、ゴミ袋でも完全透明でつるつるテカテカした素材のやつならば通常の袋よりも耐久性が増します。

上の画像も実はあのゴミ袋の中身はスーパーで買い物したモノが入ってる思うと自然とご近所さんとの会話が頭に浮かんできますね。

ご近所さん「あら~こんな時間にゴミ出し?しかも2つも?」

女「いえ~今スーパーから帰ってきたところんです~」

ご近所さん「え?それゴミ袋じゃないの?」

女「これ実はエコバッグなんですよ~いっぱいモノも入るし耐久性がすっごい良くてしか「あそうなのね面白いですねーおほほほあ夕飯の支度しなくっちゃいけないんだではこれで失礼しますー」バタンガチャ

 

3.スーパーのかご

f:id:kerokeroms:20190624132801j:plain

 

でもやっぱりビニールの袋じゃ耐久性が心配という方は結構いると思います。

そういう方にはスーパーのかごがベスト。

コンビニ袋と比べて耐久性、耐水性、最大容量が圧倒的に優れています。

これならお店から自宅まで楽に運べそうですね。

ただとても優れものではあるものの1つ問題があり、スーパーで使用すると万引きを疑われる可能性があることです。

商品の万引きを疑われるのもそうですが、かごの万引きを疑われることもありえます。

なのでマイスーパーのかごにはしっかり自分の名前を記入しておくか、もしくはどこのスーパーでも取り扱っていないようなカラフルなスーパーのかごを使うのも1つの手かもしれません。

また、マイスーパーのかごを持って街中を歩くくらいなら大丈夫かもしれませんが、あまりにも便利だからってそれを持って電車移動し始めたら十中八九Twitterに晒されますのでご注意を。

 

4.段ボール

f:id:kerokeroms:20190624143210j:plain

そんな小さい段ボール持ってドヤ顔すな

 

プライバシーを重視したい方にはこちら、段ボールがおすすめです。

段ボールならば絶対に外からは覗けない仕様になっており完全なブラックボックスと化しています。

この画像だと取っ手口が無いですが、大抵は側面上部に楕円の形をした穴が開いてあるのでそこを手を突っ込んで持ち運ぶことができます。

プライバシーを重視したい若い女性の方にはとても好評をいただけるのではないかと思います。

ただ、やはりこちらもデメリットは存在しており、あまり重いものを入れすぎると底が抜けてしまいます。

なのでガムテープはあまり信用できないので、アメリカ国民の必需品であり無かったら国の運営が回らないと言われる「ダクトテープ」を底に貼りまくるのが良いかと思います。

 

さいごに

今回紹介したずぼら式エコバッグも大変良いですが、来年4月のレジ袋有料化の前に、今のうちにとりあえずなにか用意して使って慣れておくことが良いでしょう。

今やエコバッグは珍しいものではありません。

黒髪マッシュのだぼだぼファッションした雰囲気イケメン大学生がエコバッグを使っても変じゃないんです。それを変と思ったならば変なのはそのあなたの心です。

まずは一言「レジ袋はいらないです。」から始めてみましょう。