けろけろの想う日々

私の気になること、知りたいことをみんなと共有できるブログにしていきたいです

新Kyash Cardはサイン要らずのスマートカード!特長を詳しく解説!

2019年12月19日に新たなKyashカートの発表がありました。

jp.techcrunch.com

f:id:kerokeroms:20200110173945j:plain

その名は「Kyash Card」。

お見えになった新たなKyash Cardはカードの表面に本人のローマ字表記の名前、カード番号、有効期限が一切記載されていないとてもスマートなデザインになりました。

新しいkyash Cardは今までの青いカードと比べてなにが変わったのか、また皆さんにKtashの素晴らしい点を自分も整理したいために詳しく、分かりやすくまとめてみました。

追記

既にKyash Cardの新規申し込みが開始しました。今は申し込みが殺到するためご自宅に届くまで1ヵ月ほど時間が掛かるようですが、早めのうちに申し込んじゃいましょう。

 

Kyashとは

まずKyashを初めて聞く方もいらっしゃると思います。

f:id:kerokeroms:20180924175221p:plain
Kyashとは株式会社Kyashが発行するプリペイド式のカードのこと。

アプリ1つで簡単に1分でオンライン上のバーチャルカードを発行でき、さらにアルカードもすぐに発行することができます。

Kyashを使ってお買い物ができるだけでなく、Kyashのアプリを通して友人間でのお金の請求、送金もできるのが特徴です。

さらにポイント還元もあります。リアルカードでは1%、バーチャルカードでは0.5%の還元があります。

で、今まではKyashのリアルカードとバーチャルカードの2種類だけでしたが、先ほどお伝えしたようにさらに進化した「Kyash Card」という新たなリアルカードも2020年初頭から発行できるようになります。

このKyash Cardは今までのカードと比べてどこが変わったのか、1つ1つ詳しく説明したいと思います。

 

「Kyash Card」の特長

その1 ICチップの搭載、高いセキュリティ性

Kyash Cardでは新たにICチップの搭載がなされるようになりました。

今までの青いKyashカードにはICチップが搭載されておらず、実店舗での買い物では毎回サインの記入が求められていました。それはとてもとても煩わしいものです...。

さらにICチップが無い場合、カードは磁気ストライプ型なのでスキミングという不正利用の犯罪被害に遭う可能性がとても高いのです。

しかし、ICチップが搭載されることで実店舗でお支払い時のサインの記入はなくなり、これからは暗証番号の入力での買い物ができるようになります。

つまりいままでよりも買い物が楽になります。

さらにICチップの搭載はセキュリティ性の向上にもつながります。

ICチップ搭載カードは情報の暗号化など高度な安全対策を取り入れることができるので、磁気ストライプ型カードに比べて格段とセキュリティ性が向上しました。

また、Kyash Cardは表面には名前、カード番号、有効期限が記載されていないので、プライバシーも保されています。

 

その2 専用アプリでお金の動きが見える、止める

f:id:kerokeroms:20200110174014j:plain

Kyashは専用アプリからバーチャルカード、リアルカードの発行が出来るのですが、そのKyashアプリを使うことでさまざまな設定を行うことができます。

そしてKyash Cardが新たに登場することでKyashアプリでさらに細かいカード設定を行うことができるようになります。

  • カードの利用限度額の設定
  • 海外利用のオン・オフ
  • オンライン利用のオン・オフ
  • カードロック
  • 決済時のリアルタイム通知
  • 利用明細の確認

これらをアプリで設定、確認することができればかなり安心だと思います。

新しいKyash Cardでは、1回あたりの決済上限が30万円、月あたりの決済上限が100万円と今までの青いKyashカードと比べて大幅に上限金額が上がりました。

なので家電などの値の張る商品も購入できるようになった反面、カードの不正利用や紛失時がとても不安になると思います。

しかし、アプリでサッとカードロック、海外、オンラインでの利用をオフにすることで不正利用の被害を防ぐことができます。

ちなみに今の青いKyashカードのアプリでもカードロック、決済時のリアルタイム通知、利用明細の確認は行うことができます。

 

その3 よりスマートなキャッシュレスへ

KyashはGoogle Pay、Apple Payを利用してQUICPayでKyashカードを使うことができます。

ちなみにQUICPaySuicaのようにスマホをかざして買い物ができる便利なサービスです。なんたらPayのようにQRコードをかざすようなめんどくさいものではありません。

そして新たなKyash cardにはVisaタッチ決済を搭載することになりました。

Visaタッチ決済とはレジにあるリーダーにVisaカードをかざすだけでお支払いができる決済サービスです。

利用できる店舗には↓のマークが目印になります。

f:id:kerokeroms:20200110174511p:plain

VIasaのタッチ決済はサインも暗唱番号も不要なツワモノです。

ただいまVisaはVisaタッチ決済の利用を促進させようとオリンピックチケットが当たるキャンペーンを展開しています。

 

Kyash Cardを発行したら是非使いたい決済サービスです。

 

Kyashをおすすめするサービス紹介!

今まで紹介してきた機能はこれから発行できるようになるKyash Cardの主な特長でした。

ですが、そのKyash Cardの発行を待たずとも今すぐにでもKyashを使ってもらいたいとの思いで、今現在Kyashで使える便利機能、サービスを紹介したいと思います。

 

1%のポイント還元!

いまのKyashでも最大1%のポイント還元があります。

アルカードの使用で1%、バーチャルカードの使用は0.5%の還元になります。

個々の決済金額の1%もしくは0.5%がKyashポイントとして即時に付与されます。いや、HPには即時に付与と記載されていますが、実際には3日ほど掛かります。それでも早いですが。

そして付与されたKyashポイントは、1P=1円としてアプリで簡単にチャージすることができます。

さらにKyashは政府主導の「キャッシュレス・消費者還元」の決済事業者として登録されていますので、対象となる店舗での決済で1%のKyashポイント通常還元からさらに2%または5%のポイント還元があります。

このキャッシュレス・消費者還元のポイントは月末に1ヵ月分の還元が付与されます。

ちなみにKyashポイントには還元対象外となる決済もあるのでご注意を。

この!QUICPayでの決済!QUICPayでの決済は還元対象外なんです!!

これほんとうにどうかしてくれないんですかね...

今どきスマホで決済は当たり前の時代になってきているのにそれに逆行するような制限はどうにか、どうにか考え直していただけないでしょうか...

おそらくですが、Kyash Cardに搭載されるVisaタッチ決済はちゃんとポイント還元してくれると思います。

ちなみにですが、新たにKyash Cardが登場するにあたって、2020年5月1日から今までの青いKyash CardはKyash Card liteという名前に変わって還元率も0.5%と変わります。またKyash card Virtualは今まで通り還元率0.5%です。

 

カードから、コンビニから、ネットバンクチャージ!

Kyashはプリペイド式カードになります。

つまり一度Kyash内部にお金をチャージしないとお支払いで使えないわけです。

そんなKyashには3通りのチャージ方法があります。

まず1つは別のカードからチャージする方法。

Kyashのアプリからクレジットカードやデビットカードと紐づけることで簡単にチャージすることができます。

さらにカードからなら自動チャージを設定できるのでKyash内部の残高が無くても安心してKyashでお支払いすることができます。

しかも紐づけたカードの還元特典とKyashの還元1%と合わせると2重還元となってさらにお得になります!!いいねえ!!

2つ目のチャージ方法はATMからのチャージ。

Kyashアプリから自分で指定した金額のチャージを申請することで番号が発行され、銀行やコンビニなどにあるATMから簡単にチャージすることができます。

つまりまだクレカを持てない中高生でも(何らかの事情でクレカを持てない大人でも)スマートなキャッシュレスを体験できちゃうわけです!!HPには保護者の同意があれば未成年でも使えると書いてある年齢制限などは見当たりませんでした。

そして3つ目はネットバンキングからのチャージ。

こちらもkyashアプリからチャージ申請を出して、各銀行のネットバンキングからそれぞれのやり方に従ってスマホ1つでKyashにチャージすることができます。

このように3つの方法がありますが、カードからチャージするのが一番楽で便利ですね。

お子さん用のカードとしてKyashを使用するならATMからチャージできるのはとても助かると思います。

 

アプリで割り勘、送金ができる!

私は友人らにKyashを強く布教しています。その理由が友人間でKyashアプリを通してお金の送金ができるという機能があるからです。

KyashアプリをインストールするとみなさんKyashのアカウントを持つことができます。

そのkyashアカウントを通して1円単位でお金の請求、送金をすることができるのです。

f:id:kerokeroms:20200110180156j:plain

(実際のスマホ画面)

自分はキャッシュレス生活を送っているのに友人らとのごはんのときだけ現金で割り勘するのはめんどうですよね。

しかしみんなKyashアプリをスマホに入れることでスマホ1つでお金を出し合って1人がリアルカードでお支払いすればとてもとてもとても楽ちんになります。超おすすめです。

 

最後に

最後まで読んでくださった方には私のKyash愛が強く伝わったと思います。

それほどKyashはとても便利でとてもスマートなキャッシュレス決済です。

新たに発行できるKyash cardでなくてもバーチャルカードを発行しておくだけでもおすすめです。

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード
Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード
開発元:Kyash
無料
posted withアプリーチ